アスタキサンチンの副作用

アスタキサンチンの副作用

アストリウムに含まれているインナーケア成分アスタキサンチンには副作用が無いのでしょうか?

 

基本的には、アストリウムはサプリメントになり、医薬品のような薬事法の規制も無く「医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用」となっていますので、サプリメントには副作用の項目がありません。

 

また、アストリウムに含まれているアスタキサンチンは元々食品に一般的に含まれている物ですから、結果的に言うと副作用の心配はありません。

 

副作用は無いのですが、ただ過剰摂取や薬、サプリメントとの飲み合わせ、アレルギーについては心配な点もあります。

 

 

過剰摂取

 

アスタキサンチン過剰摂取

過剰摂取に関しての危険性についてみてきます。

 

例えば塩にしろ、少量であれば食材の旨味を引出し美味しくなるのですが、過剰に取り過ぎると高血圧の心配がでてきます。

 

また鉄分の適量の摂取は貧血や冷え性の症状にも有効ですが過剰に摂取すると下痢、嘔吐、蓄積されると胃腸障害や血色素症といった悪影響もでてくる可能性があります。

 

アスタキサンチンの場合をみてみると、過剰摂取によって身体に蓄積されることは考えにくいとの事で、身体に影響が出る心配はないようです。

 

動物での毒性試験の結果でも安全性は確認されているので、安全性の高い成分ということが伺い出来るでしょう。

 

ですが、すべての人に試験をしたわけではありませんので、効かないからと言って過剰の摂取はしないように、適量に留めておく事を、念のため付け加えさせて頂きます。

 

 

薬、サプリメントとの飲み合わせ

 

薬、サプリメントとの飲み合わせ

では、アスタキサンチンと医薬品、サプリメントとの飲み合わせについてですが、基本的には問題が無いとの事です。

 

ですが、アスタキサンチンが含まれているサプリメント等との飲み合わせについては、カロテノイド同士が競合しあい吸収率が下がるという噂もあります。

 

ですから、飲み合わせをする際は時間を空けるか、まだ、未知数の部分が有り気になる場合は、医師に相談した方が無難でしょう。

 

また、アストリウムサプリメントの場合では下記のうような注意下記もありますので、対象の方は注意が必要です。

 

[注意書き]
通院・入院中の方は、ご使用になる前に医師にご相談ください。
妊娠中、授乳中の方、乳児及び小児のご利用は控えてください。

 

 

アレルギー

 

アスタキサンチンアレルギー

アレルギーに関してですが、少々注意が必要な部分があります。

 

アスタキサンチンは基本的にはアレルギーの心配の少ないヘマトコッカス藻の海藻になりますので海藻にアレルギーの無い方は大丈夫でしょう。
(アストリウムはヘマトコッカス藻抽出物含有加工食品)

 

ただ、中にはカニやエビを原材料としている場合もある為、その場合は甲殻類アレルギーの人は注意した方が良いです。

 

そして、アスタキサンチンを使用しているサプリメントは、ここで紹介しているアストリウムも含みますが、アスタキサンチンの他にも様々な材料が使用されていますので、食品アレルギー持ちの人は、サプリメントの原材料をしっかりと確認する必要が有ります。

 

 

以上、アスタキサンチンの副作用について調べてみました。

 

いずれにせよ、口に入れる以上安全なものは存在しません。
しっかりと確認しルールを守って安全に、そして効率良くアスタキサンチンの効能を味わいましょう。

 


富士フィルムサプリメントアストリウム

【人気記事】
アストリウムはアルガトリウム・アスタキサンチン強力ペア!真相公開
アストリウム(ASTRIUM)は、富士フィルムが提供するアルガトリウムとアスタキサンチンの高価成分が含まれたサプリ。このサプリの効果や副作用、評判や価格など徹底的に調査し丸裸にします。